トップページ > 入試・学費情報 > 学費・奨学金 > その他の奨学生制度

その他の奨学生制度

日本学生支援機構奨学金

定期採用について、毎年春に学内で説明会を行います。希望者は説明会に参加し、資料を受け取り、申し込みをしてください。

奨学金の種類と募集時期

第一種奨学金(無利子貸与) 定期採用(春)、緊急採用(随時)
第二種奨学金(有利子貸与) 定期採用(春)、応急採用(随時)
入学時特別増額貸与奨学金(有利子貸与) 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円

貸与月額

第一種奨学金(無利子貸与) 自宅3万円か5万3千円、自宅外3万円か6万円
第二種奨学金(有利子貸与) 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択

選考方法と採用決定

学校は申込者の人物・健康・学力・家計について総合的に審査し、推薦基準を満たしている者の中から学校の選考委員会等で選考し、機構の指定した人数を推薦します。機構で審査のうえ採用を決定します。

機関保証制度について

一定の保証料を保証機関に支払うことにより、連帯保証人・保証人による人的保証に代えることができる制度です。申し込みの際に、人的保証、機関保証のどちらかを選ぶことができます。

予約進学者

入学の前年度に採用候補者として決定し、進学後、第一種奨学生又は第二種奨学生として本採用します。予約採用者はインターネットで「進学届け」の提出をします。

平成28年度採用者数

  学科 専攻科
第一種奨学金 63 9
第二種奨学金 52 6
第一種及び第二種併用貸与 19 0
合計 134 15

専攻科進学生は進学後奨学金の申し込みをします。

日本学生支援機構以外の奨学金

本学の奨学金担当者の所に申し込み用紙があります。入学後に申し出てください。

宮崎県育英資金

優れた素質を有しながら、経済的理由により修学が困難な学生対象。生計を維持している者が宮崎県に居住していること。他の奨学金との重複採用はしない。月額52,000円(自宅)・59,000円(自宅外)。無利子で貸与。

壽崎育英財団奨学金

人物学業とも優秀かつ健康な人で、奨学金を必要としている学生対象。家族が九州に居住していること。月額10,000円支給。返済義務なし。但し、毎月近況報告と受領証を提出しなければならない。平成22年度本学から4名採用。

宮崎県介護福祉士等修学資金

宮崎県内の介護福祉士養成施設に入学する者が対象。月額5万円、入学準備金20万円、就職準備金20万円、合計100万円を上限に貸与。卒業した日から1年を経過する日までに、宮崎県内において、又は県外の国立厚生援護機関において、介護福祉士等として対象業務に従事し、かつ、5年間対象業務に従事すれば返還が免除されます。

宮崎県保育士修学資金貸付事業

宮崎県内の保育士養成施設に在学するものが対象。月額5万円以内(最長2年間)、入学準備金20万円以内、就職準備金20万円以内を貸与。 卒業した日から1年以内に保育士登録を行い、宮崎県内の保育所等において保育士として5年以上従事したときは返還が免除されます。

交通遺児育英会奨学生

保護者等が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺症で働けないため学費に困っている学生対象。月額4万円・5万円・6万円から選択。大学入学一時金40万円、60万円、80万円。無利子で貸与。

あしなが奨学金

保護者等が災害または不慮の事故・病気で死亡したり、著しい後遺障害で働けないため学費に困っているもの。月額40,000円(一般)・50,000円(特別)。無利子で貸与。

その他の奨学金については各自で問い合わせてください。

母子福祉資金 自治体の福祉担当窓口または福祉事務所
生活福祉資金 自治体の社会福祉協議会
各県及び市町村の奨学金 各県市町村の福祉担当部署



国の教育ローン(日本政策金融公庫)

本学に入学時・在学中にかかる費用を対象として公的な融資制度です。学生一名につき350万円以内を固定金利(年1.81%(母子家庭、父子家庭の方は1.41%)(平成29年10月1日現在))で利用でき、在学期間内は利息のみの返済とすることができます。詳細は下記のコールセンターへお問い合わせ下さい。

【教育ローンコールセンター】 0570-00-8656(ナビダイヤル)

PAGE TOP