宮崎学園短期大学

学長ブログ

失敗と誇り

2016.05.31

 来週から2年生が実習に出かける。

 自分を待つ子どもたちから笑顔が貰えれば、100倍の元気が出る。

 でも子どもたちから笑顔が生まれず、先生たちから悪い所を指摘されれば、元気は1/100に萎む。落ち込み、失敗、落ち込み、失敗の負のスパイラルを下降しかねない。

 失敗は避けられない。問題は失敗に向き合う態度である。自分はダメだと放り投げるか、失敗から学ぶかである。失敗は成功のもとなのである。放って置かれた失敗は、繰り返され、永遠に向上は訪れない。

 イチローは4000本のヒットを人々から称えられたとき、こう言った。 「4000本のヒットがあったということは、僕の計算では8000本の失敗があったということだ。自分が誇りに思うのは、この8000本の失敗に一つひとつ向かい合ってきたことだ。」

 凡人は失敗から目を背けて、向上の糧にしない。努力の人は失敗に向き合い、一つひとつ向上の糧を得る。

 人生に遅すぎるということはない。人生に取り返しの付かない失敗はない。失敗に向き合い、自分を強くしていこう。

PAGE TOP