宮崎学園短期大学

学科ニュース

学科ニュース詳細

司書目指す学生が保育園で読み聞かせ!

2013.07.19


本学では、地域交流活動を推進しています。先日7月12日(金)15:20~15:50に、人間文化学科国語国文コース2年生3名が清武中央保育園において「読み聞かせ」の活動をしました。(学生3名とも司書資格取得を目指しています。)


演じたのは影絵で「パンのシルエットクイズ」と昔話の「かちかちやま」。 当日はUMKの取材を受け、この活動が夕方のニュースで放映されました。


演じた学生の感想を紹介します。

人間文化学科 国語国文コース2年 吉田くにこ

保育園での影絵上演と読み聞かせは、とても貴重な体験でした。 パンの影絵では「これは何パンかな?」と尋ねると、子供たちが身を乗り出して「あんぱん!」など口々に答えてくれて、それまで心臓が口から出そうなくらい緊張していたのがふっと緩みました。 本編である「かちかちやま」では、美術担当守川先生お手製の、表情豊かなたぬきやウサギ達と、それを操る二人の友人にとても力をもらいました。それと言うのもナレーションを含め5つの役を読み分ける必要があり、どんな声を当てるかと悩みに悩んでいたのです。けれど、影絵に動きが加わり、表情が見えたとたんに、自分のなかのイメージが形になっていくのを感じました。 本番では子供たちが目を輝かせて、食い入るように影絵に見入っていたのがとても印象的でした。 影絵の光の暖かさと、声のぬくもりを感じてもらえたようで嬉しかったです。

PAGE TOP