宮崎学園短期大学

学科ニュース

学科ニュース詳細

音楽療法士を目指し3日間の集中講義!

2014.08.29

 

平成26年8月25日(月)~8月27日(水)までの3日間、音楽科と専攻科(音楽療法専攻)で音楽療法士を目指す学生17名を対象にした「音楽療法総合演習」「音楽療法実践Ⅳ」の集中講義を実施しました。


 

 

講師は1987年から山口市に「こども音楽センター」を設立し、障がい児・者・高齢者への音楽療法を実践、日本音楽療法学会評議員でもある中島惠子氏。

 

 

中島氏は本学の母体である宮崎学園の山下恵子理事長と共著で音楽療法の専門書「コ・ミュージックセラピー」を出版されています。

 

 

音楽療法の目的、意図、機能についての基本的な知識を身につけ、広い視野から音楽療法を理解することを目指します。グループワークの中で具体的な楽器の奏法や音楽のジャンル別の使い方を含め、セラピーにおける音や音楽の使い方を、五感をめいっぱい使って学んでいました。

 

◆参加した学生の感想です。
今回の3日間の集中講義を受け、私は今まで教わってきたことよりも多くのことを吸収することができ、身体で理解できることの多かった3日間でした。音を出すことや、音を描き現すことで、そこに自分が表れたりと、自分自身とも向き合い、見つめ直すことのできた時間でした。
音楽科2年 馬庭ちぐさ

 

 

授業の様子は動画でもご覧いただけます。

 

PAGE TOP