宮崎学園短期大学

学科ニュース

学科ニュース詳細

「キャリアガイダンスⅠ」

2016.10.19

平成28年6月15日(水)「キャリアガイダンスⅠ」「社会人の話」で宮崎食研有限会社社長の田原敬介氏に90分間のご講話をいただきました。

宮崎を幸せにするためには宮崎に多くのお金を注ぎ込むことが必要なことから、宮崎の企業にもっともっと稼いでもらいたい。そのためにはどうすればよいか。宮崎を発展させるための産業振興について、フードビジネスの発展が鍵になることをお金の流れをプールの水にたとえて、分かりやすく熱く学生に語りかけてくださいました。

自社の商品を手に持ち、熱く学生に語りかける田原社長。

宮崎食研の商品を手に、笑顔の学生。一つの商品に様々な人が関わっていることを実感したのではないでしょうか。

講演していただきました田原社長、ありがとうございました。

 

学生の声

 

○私は講話の中で、「てまごこち」という言葉と地元の人との連携の大切さが印象に残りました。宮崎の食材の良さを最大限に生かした商品開発を目指すことによって手間がかかるぶん、消費者にその思いが届くということを感じました。LN


○田原さんのお話を聞いて、地元の農家の方と連携して様々な食品を開発しながら、地域振興に向けて頑張っていることが心に残りました。私の家では、よく宮崎食研さんの鰹ぶしだしを使っています。沸騰して1、2分でだしが取れるので、とても簡単で便利です。いただいたお茶を母にプレゼントしました。NH


○宮崎の農産物を使って「ひと手間」加え消費者へ心地よさを伝えたいという思いが強く伝わりました。私も相手に心地よさを伝えられるような人になりたいと思いました。いただいた「だし」を使って炊き込みご飯や味噌汁にチャレンジしたいと思います。KK


○自分の視野が広がりました。今まで何気なく手に取っていた商品が、いろんな人の思いや頑張りでできているんだと分かり、とても感動しました。パパイヤ茶はとても飲みやすく、周りのひとにも勧めたいです。LK
 

PAGE TOP