宮崎学園短期大学

学科ニュース

学科ニュース詳細

保育科2年生:幼稚園教育実習に向けて

2017.05.23

 5月16日(火)、3週間にわたる幼稚園での教育実習を直前に控える2年生を対象に、教育実習前指導が行われました。山口清美先生(田野カトリック聖母幼稚園:副園長)からは「実習に臨む皆さんに伝えたいメッセージ」として、先生の体験をもとに具体的にご講話いただき、学生たちは教育実習への心構えを新たにした様子でした。そして菊田恭子先生(元ひかり幼稚園:主任教諭)からは「あそびアラカルト」として、エプロンシアターなどの実技も交えながらご講話をいただきました。

 学生は皆、真剣にメモを取ったり、講師の先生の動きに合わせて手遊び歌を歌ったりして、幼稚園教育実習に向けて実習生としての自覚を高めていた様子でした。

 2名の学生の感想をご紹介します。

《学生の感想》    

 

 今回の実習前指導では、山口先生と菊田先生に御指導を受けました。山口先生には、幼稚園での一日の流れや実習を上手く乗り切るコツについて教えていただきました。また、前回の実習でどのように対応すればよいか分からなかった場面をクイズ形式で細かく説明してくださり、とてもためになりました。菊田先生には、また知らなかった手遊び歌や簡単なおもちゃ・人形の作り方について教えていただきました。私たちも一緒に歌ったり手遊び歌を行ったりしてみて心から楽しめる内容だったので、是非、実習で子どもたちと一緒にやってみようと思いました。先生方の御指導を活かし、充実した実習にしたいです。

2年Cクラス 平岡麻衣(高鍋高等学校出身)

                                    

 今回の実習前指導では、菊田先生と山口先生から貴重なご講話をいただきました。菊田先生からは、幼児文化教材を用いた「質の高い保育」について教えていただき、Y・K・K(やる気・工夫・苦労)の重要性を学ぶことができました。また、菊田先生が見せてくださったエプロンシアターはとても印象に残り、子どもたちの心を惹きつけるにはどのような演じ方をすれば良いのか学ぶことができました。次に、山口先生からは幼稚園での一日の流れや子どもたちへの関わり方について教えていただきました。中でも、子どもたちへの関わり方については、山口先生の実体験を元にしたお話だったので、とても分かりやすく、実際の現場を想像しながら聞くことができました。また、子どもの行動を「見守る」ことの大切さや、長期の実習に必要なプラス思考についても教えていただきました。今回の両先生のご講話を活かし、有意義な実習にしたいと思います。そして、幼稚園教諭を目指す実習生として少しでも成長して実習を終えることができるよう、目標を持って教育実習に取り組みたいと思います。                           

2年Fクラス 川越琴乃(宮崎商業高等学校出身)

PAGE TOP