ホーム > 学科ニュース > 現代ビジネス科 > やったね!全員医療秘書合格!

学科ニュース

学科ニュース詳細

やったね!全員医療秘書合格!

2011.04.25


宮崎学園短期大学人間文化学科には「医療事務・医療秘書コース」があり、毎年医療事務関係の3大検定で高い合格率をあげています。今年の卒業生も下記のような実績を残してくれました。
  • 日本医師会認定医療秘書試験 合格率 100%
  • 医療保険請求事務実技試験 合格率 87%
  • 日医ITレセ操作実務者資格試験 合格率 100%
指導担当の谷口和子先生から

平成22年度の卒業生は、日本医師会認定医療秘書試験を受験するため、多くの資格を取得しチャレンジし、無事全員合格することができました。

医療秘書試験は「秘書検定、英語検定、情報処理」の群から1つ、「ワードプロセッサ、タイピング」の群から1つ、「速記、筆記能力」群から1つ、「簿記、電卓、珠算」群から1つ取得しておかないと受験資格ができません。すべてをクリアして受験し合格することができました。

過去の認定試験の問題を、仲の良いグループ毎に、こっそり(していない風で)していたようでした。真剣に勉強をしているところをあまり見ていなかったので心配でした。休みの日に「わからないところがあるので教えてください」とわざわざ遠方から学校に来て3~4時間勉強していった学生もいました。問題を解いて解答・解説をみて正確に覚えていったのではないでしょうか。結果は全員合格でしたので「勉強していたんだな」と感心させられました。

  現在、医療秘書としての求人は少ないですが、宮崎県内の病院でも、医師の労力を減らすことができるために医療秘書を入れたい、という病院も出てきています。また、宮崎県から看護師がどんどん流出していくので、看護師が不足しています。現在働いている看護師が非常に疲れている、その労力の一端を担うのがメディカルクラークですから、今後は医療秘書やクラークとして求人が来ることが期待されています。医療事務もでき、医療秘書の仕事もできる「マンパワー」を養成していきたいと考えています。

【用語解説】
メディカルクラーク・・・病院内で外来や病棟の受付業務、接遇、院内コミュニケーションなどを行う人。

PAGE TOP