ホーム > 学科ニュース > 保育科 > 保育科・初等教育科対象の就職ガイダンスを開催

学科ニュース

学科ニュース詳細

保育科・初等教育科対象の就職ガイダンスを開催

2011.05.14


保育科では、昨年度卒業生就職率100%を達成しました。この高い就職率を支える要因は、資格職の強み、伝統的な信頼による求人、そして学生の積極的な就職活動によるものです。今年度も全教職員一丸となり、学生の就職活動を支援していきます。

学生の就職活動支援のひとつとして、先日「保育科・初等教育科対象の就職ガイダンス」を開催しました。

プログラム
  1. 中武准教授による専攻科音楽療法専攻進学ガイダンス
  2. 花畑教授による専攻科福祉専攻進学ガイダンス
  3. 佐土原就職指導課長による保育所・保育園、幼稚園への就職ガイダンス
  4. 私立幼稚園連合会による幼稚園説明会


それぞれ、詳しく説明がなされ、学生にとって、貴重なガイダンスとなりました。内容の一部を紹介します。

1.中武准教授による専攻科音楽療法専攻進学ガイダンス


軽度発達障害のある子どもたちへの支援など、保育園や幼稚園等の現場のニーズがあること、学内にあるこども音楽教育センターや外部施設での豊富な臨床実習などについて説明がなされました。

2.花畑教授による専攻科音楽療法専攻進学ガイダンス


老人福祉施設や児童福祉施設から信頼され、宮崎学園短期大学専攻科福祉専攻修了生を採用したいという強いニーズがあること、平成26年度修了生まで国家試験免除であること、豊富な演習や実習についてなど説明がなされました。

3.佐土原就職指導課長による保育所・保育園、幼稚園への就職ガイダンス


就職活動の具体的な方法、地域による採用方法の違い、県外就職希望者の就職活動、履歴書の書き方などポイントを押さえた、詳しい説明がなされました。

4.私立幼稚園連合会による幼稚園説明会


宮崎県私立幼稚園連合会から園長先生、本学卒業の幼稚園の先生が来て下さり、幼稚園の求める人材、採用試験の方法と内容、幼稚園教諭のやりがいなど具体的な説明がなされました。

PAGE TOP