ホーム > 学科ニュース > 保育科 > 保育フェスティバル開催しました!

学科ニュース

学科ニュース詳細

保育フェスティバル開催しました!

2011.11.07

120名を超える来場者 笑顔あふれる保育フェスティバル

11月22日(土)本学交流センターで開催した保育フェスティバルに120名を超える参加者がありました。お忙しい中お越し下さった皆様方に感謝しております。

このページでは、保育フェスティバル委員の感想を紹介いたします。


「くまさん探検隊」を終えて
保育科2年 ニコル ケイリントン紫苑

 私は『きょうはみんなでくまがりだ』という絵本が大好きで、今回の保育フェスティバルではこの絵本を題材にした活動をしようと提案し、実施することになりました。
 この絵本は障害物を家族みんなで乗り越えながら、熊を探しに行くお話です。環境として、暗い森の木々や洞窟などの障害物を製作しました。
 絵本の読み聞かせをした後、私が案内役となり、子どもたちと一緒に障害を越えて行きました。障害の設置が上手くいかなかったり、次の障害に行くことで、頭がいっぱいになってしまったりして、思ったように事が運びませんでしたが、最後の場面で配ったメダルを、子どもたちが嬉しそうにお父さんやお母さんに見せに行く姿を見て、自分たちはまだまだだけど、やってよかったなと思いました。
 改善すべき点が多々ありましたが、ひとつひとつを向上させて、イオンで行う保育フェスティバルではさらに楽しい思いをこどもたちにしてもらえるように頑張りたいです。


保育フェスティバルを経験して
保育科2年 桑原 早希

 私は1年生と2年生の2回、保育フェスティバルを経験しました。1年生の時は保育実習を経験していなかったので、どんな流れにすればいいのか、子どもたちにどんな声掛けをしたらいいのか全く分からない状態でした。
 しかし、保育実習・幼稚園教育実習を経験し、子どもとの関わりや遊びの流れをつくることが自然に出来るようになり、1年生の頃に比べ、自分たちが成長出来ていることに気づきました。
 保育フェスティバルは子どもたちと実際に関わることのできる貴重な行事となりました。私たちが考えた遊びを子どもたちが楽しんでくれているのを見て、とても嬉しい気持ちになりました。保育士となり、現場に出て子どもたちと関わるための、とても良い経験をさせてもらったと思っています。


子どもが大好き
保育科2年 入田 茜

 保育フェスティバルを通して、私はやっぱり子どもが大好きだと思いました。準備など大変な部分もありましたが、子どもたちが楽しそうに笑っているのを見て、すごく嬉しい気持ちになりました。「ふわふわ夢の国」では、0、1歳児の保護者の方も一緒に布の中に入ってもらい、私たちも含め全体で楽しめたと思います。
 参加者の方へのアンケートでも、色々な声が聞けて嬉しく思いました。今回の反省をもとに12月3日(土)の保育フェスティバルでも、参加者の方が楽しめるよう努力していきたいです。


★★★★★
次の保育フェスティバルは
12月3日(土)10:00~15:00 イオンモール宮崎イオンホールで開催します。
たくさんの皆様のお越しをお待ちしています!!

当日のプログラムはこちらをご覧下さい。
★★★★★

PAGE TOP