ホーム > 学科ニュース > 初等教育科 > 1年生授業紹介「キャリアガイダンスⅠ」

学科ニュース

学科ニュース詳細

1年生授業紹介「キャリアガイダンスⅠ」

2012.04.20

本学では学生一人ひとりが卒業までに身につけてほしいことを「ディプロマポリシー」として掲げ、それらを身につけるための授業を卒業必修科目に組み込んで、全教員で取り組んでいます。
1年生では、保育科対象の「忍ケ丘学びのサポート」(前・後期)、初等教育科・音楽科・人間文化学科対象の「キャリアガイダンスⅠ」(前期)、「キャリアガイダンスⅡ」(後期)です。

「キャリアガイダンスⅠ」の授業目標は、「社会人として成長するために求められる基礎力を身に付ける」こと。具体的には①人生設計ができる ②仕事を遂行することができる の2点に絞っています。

4月19日(木)に行った授業で、その例をご紹介しましょう。


「今回の授業のねらいと展開について」全員への説明を行った後、グループに分かれてアイスブレーキング(打ち解ける)ための時間をもちました。メンバーの名前を覚えるゲームなどを行っているうちに、気持ちもほくれて和やかな雰囲気になっていきました。


共同作業の時間。グループで一枚の絵を仕上げます。ルールは「木・川・人・家」を入れること。自分の番が来たら、他人と相談せず前の人の続きを描いていきます。


絵が完成すると、発表の時間です。完成した絵についてグループ代表が全員の前で説明しました。


学生は本学の「ポータルシステム」を通して、それぞれの達成度をオンラインで確認することができます。この日は「ポータルシステム」の入力方法についてガイダンスも行いました。学科が異なり普段は馴染みのない学生たちも、学科を超えた楽しい時間を過ごしていました。
授業の他にも、キャリア支援室では年間を通して様々なキャリアガイダンスを多数実施し学生一人ひとりの生涯を通したキャリア形成を支援しています。

PAGE TOP