ホーム > 学科ニュース > 初等教育科 > 小学校教育実習を終えての交流会開催!

学科ニュース

学科ニュース詳細

小学校教育実習を終えての交流会開催!

2012.06.21


平成24年6月21日(水)、初等教育科では4限目に1年生・2年生が一堂に会し、先週金曜日に3週間の小学校教育実習を終えた2年生を囲んでの交流会が開かれました。


実習を終えたばかりの2年生はみな、「何から話したらいいかしら。」と、迷うほど多くの貴重な体験をしてきました。


実習中は寝る時間を削らないといけないほど忙しかったようです。「でも、とっても楽しかった!」と目を輝かせて語ってくれました。


先輩の話を聴いていた1年生の心は早くも来年に飛んでいます。「来年が楽しみ~!」「早く行きたい!」といった感想が聞かれました。

参加した学生の感想です。

  • 小学校実習は、実際に授業を行うからとても大変なイメージがあるけど、先輩たちは楽しかった、あっという間だったと言っていたから、少し気が楽になりました。指導案の書き方などよく分からない部分があったから、また詳しく聞きたいと思いました。小学校は、休み時間などあるけど、その時も児童を見ながら注意したりしないといけないから、よく観察することも大切だなと思いました。
  • 今日、実習の話を聞いて、実習は大変だと思ったけど、指導していただく先生方の言われることをしっかりと受け止め、自分に活かすようにすれば大丈夫だと思いました。これから実習まであと少し時間があるので、普段の授業や指導案の書き方などしっかりと学んで校外学習などにも積極的に参加して行こうと思いました。
  • 先輩方の話を聞いて、実習の大変さがとてもよく分かりました。実習前にやっておくべきこととして、子ども達の顔と名前を覚えるということがありました。また、指導案は、先生方の作成されたものを参考にして書くこと。さらに、授業をする際の資料をきちんと準備し、子どもの興味をひくよう心がけることや授業が思った通りいかない大変さ、子ども達への発問を工夫することが大切などといったことを教えてもらいました。先輩方の話を聞いて、先生としての仕事がとても大変だということが分かりました。スクールトライアルに参加する際は、きちんと授業などを参観させていただき勉強しようと思いました。
実習生を受け入れて頂きました各学校では先生方を始め関係者の方々に大変お世話になりました。大学関係者一同厚くお礼申し上げます。

PAGE TOP