ホーム > 学科ニュース > 保育科 > 授乳についての演習を行いました。

学科ニュース

学科ニュース詳細

授乳についての演習を行いました。

2013.11.13


保育科1年生の専門教育科目「子どもの保健Ⅱ」では、乳児への授乳の仕方や抱き方、排気の仕方、オムツ交換を勉強しました。


学生一人ひとり赤ちゃんの顔を見ながら、人形ではあるけれど優しい表情で、我が子に接するように、話しかけながら、哺乳びんを持ち授乳の模擬体験をしました。


私たちの身体の仕組み(消化器系)や、何故横抱きにして授乳してはいけない(乳児は耳管が短く誤嚥した際中耳に入りやすい等)理論的なことも勉強しました。


学生の感想です。

・授乳時の哺乳びんの角度や乳児を一番に考えてあげることが大切だと思いました。
・「授乳」を初めて体験し、保育士になったときや母親になったときにも役立つと思います。
・「授乳」の体験で気をつけなければいけないことを知ることができました。班の皆と協力して体験することができよかったです。
・班のみんなと協力しながら授乳の勉強ができ、いろいろ学べてよかったです。
・赤ちゃんの人形を使って授乳の模擬体験をしました。片手で赤ちゃんの抱き方の難しさや、赤ちゃんがどのような体の傾きが飲みやすいのかなどしっかりと理解を深めることができました。
・実際に自分でやってみると、聞いていたときとは違い難しいことが分かりました。
・子どもの保健Ⅱでは毎回、さまざまな演習を行います。赤ちゃんの人形でオムツ交換をしたり、沐浴の仕方を学びます。保育士になるために必要なことを学べて嬉しいです。

・優しい先生、頼りになる先輩、楽しい友人に囲まれて充実した毎日を過ごしています。
 皆さんもこの学校にきて楽しく充実した毎日を過ごしてみませんか。

全ての学生の感想はこちらでご覧いただけます。

PAGE TOP