ホーム > 学科ニュース > 保育科 > 「2年生・施設実習」

学科ニュース

学科ニュース詳細

「2年生・施設実習」

2018.09.28

 8月16日から9月29日までの間、2年生は10日間または7泊8日、施設で実習をします。学生の中には、施設実習があることを知らずに入学してきた学生も少なくありません。 また、実習先が乳幼児の福祉施設とは限らないので、成人や高齢の方がいらっしゃる施設に実習に行くことになり、不安や心配が大きくなってしまう学生もいます。
 でも、大丈夫!各施設の役割や保育士に何が期待されているのかを学内で勉強したり、事前に見学実習をしたりして、施設実習の意義を少しずつ理解していくことで、次第に実習の準備と心構えができていきます。
 実習生に望まれるのは、まず笑顔と元気です。これさえあれば、実習指導をして下さる職員の方々、施設の子どもや保護者、利用者さんたちに受け入れてもらえます。そして、少しずつ施設保育士の仕事を学んでいくのです。

 

保育科 2年  黒木 亜矢香 さん  都城東高等学校出身

 

保育科 2年  岩間 真衣 さん   鵬翔高等学校

 

 本日は、木花通所センターひまわりの里で実習する学生を訪ねました。学生も職員の方々も皆、笑顔で利用者の方々と一緒に作業をしていました。もちろん、利用者の皆さんも笑顔です。学生からは施設の子どもたちや利用者さんと、何だか気持ちが通じ合ってきたような気がします。という声が聞かれました。

PAGE TOP