ホーム > 学科ニュース > 保育科 > 保育科1年・2年合同実習報告会を開催しました。

学科ニュース

学科ニュース詳細

保育科1年・2年合同実習報告会を開催しました。

2019.01.15

 今年度も保育実習における実習報告会を地域別に分かれて開催しました。実習をさせていただいた各園への感謝とともに、2年生にとっては実習成果の集大成となり、多くの感動がありました。そして1年生にとっては、これから迎える実習への大きな学びとなったようです。

<保育科2年生>
○尾前 菜奈(宮崎学園高等学校出身)
 今回の報告会でいろんな人の実習に関する話を聞き、私とは全く違う保育の方法や、思いつかないような研究保育の話があり、「こういう仕方もあるんだな」と自分に置き換えて学ぶことができ、とても勉強になりました。自分なりに研究保育も頑張ったつもりでしたが、他の人の発表を聞いているうちに、「もっとこういう事もしたかったな」とすごく良い刺激をもらいました。
 また、改めて自分の行ってきた実習を文字にして皆の前で発表することで、自分の実習が充実していたことに気付き、お世話になった方々への感謝の気持ちが涌いてきました。
 私自身、自分のやってきた実習に対してあまり自信がありませんでしたが、今回の報告会で自信を持つことが出来ました。

 <保育科1年生>
○木野田 七海(都城泉ヶ丘高等学校出身)
 今回の実習報告会で実習についての具体的なイメージを持つことが出来ました。初めての保育実習に対しての不安が少しですが解消されました。スライドを使っての説明や、実際に使った材料を見せていただき、遊びを実演される方もいて、とても参考になりました。
 また、現場の先生からのアドバイスや反省点等もお話いただき、自分が実習時にどのようなことに気を付ければ良いのかを知ることが出来ました。
 いただいたアドバイスの中には「子どもたちと笑顔で接する」や「わからないことがあったら遠慮せず質問する」といった内容が多かったので、私も実践してみようと思いました。
 さまざまな経験やアドバイスを吸収することができるとても良い機会だったなと思います。

PAGE TOP